2017年7月 浜名湖支部 活動報告

浜名湖支部の森崎です。7月16日の活動報告をします。

参加者(敬称略):藤王、山本、名畑、斉木、森崎、ゲスト(遠山、晴眼者、ヨット経験無)
使用艇:セラビーⅣ
天気:晴れ
風:5~6メートル、西~南

 本日は、いよいよ夏本番といった陽ざしの下で、ゲスト1名を招いてのセイリングでした。遠山さんは、斉木さんの会社の方で、斉木さんの紹介で参加されました。
 午前の初めは、遠山さんがティラーを操作しました。とても初めてとは思えない安定したセイリングであり、スノーボードをやっていたと聞いていたので、やはりスポーツマンは、勘がいいなあと感心しました。途中からは森崎がティラーを握りました。クローズ中心のセイリングであり、風も上場で安定していたので、大きなミスもなく、走らせることができました。そして昼食は、富士マリーナの南にあるビーチスマリーナの近くにアンカリングして取りました。
 午後からは、まずは森崎がティラーを握りました。今度はランニング中心の走りとなりました。どうしてもジャイブを恐れてしまい、下しきれないせいりんぐでした。30分もすると、暑さと疲労で、集中力がなくなり、ギブアップして、遠山さんと交代してもらいました。北の方に戻っていたこともあり、遠山さんは、クローズ・アビームを順調に走らせていました。その間、私はずっと、マストにもたれながら、風に当たり、クールダウンとなりました。
 マリーナでは、来週、再来週の体験会の打ち合わせをしました。また全日本のサンカチームについても検討しましたが、決めることはできず、次回に保留となりました。
 かなり焼けましたが、いい風が吹いていたので、快適なセイリングでした。遠山さんも「気持ちがいいですね。」と、セイリング中におっしゃっていたのが、印象的でした。