2014年11月 JBSA神奈川 デイクルージングのレポート

JBSAの村井です。神奈川11月23日(日)の活動報告をいたします。

参加者(敬称略)
石田、金輪、白子、三場、村上、村井

使用艇 インアワタイム
天候 晴れ
風向 北
風速 5~7m
波高 0.5~1m

三崎口9時30分 集合
宮川フイシャーマリーナ 出航 10時30分

一同、三崎口集合の後、タクシーで宮川フイッシャーマリーナに向かいました。
私はここは初めて。いかにも田舎の空気が漂う静かなのどかなところです。マリーナも小さく、まるでローカル線の駅舎のよう。

水置きしてある艇に乗り込み、エンジンをかけ出航。先ずは三崎漁港に向かう。15分ほどで到着。しばし買い出しに。桟橋に着けたまま、ビールで乾杯。
マグロの刺身とご当地名物マグロのコロッケを食す。かにコロッケのかにをマグロに変えた感じのクリーミーなコロッケでした。

そのように30分ほど停泊した後、11時15分、もやいを解く。機走からセーリングに変えて、城ヶ島一周。風はヒンヤリしてますが、日差しが暖かく、5・6mぐらいの気持ち良い風が吹いてます。
そして、ワ・・やら日・・・を片手に久々にティラーを握りました。アビームを維持するのが大変。島巡りのせいか、自分には風がやや回っているのかと感じるが、ふらふらです。
それでも、艇は快走。漁船やらなにやらを避けながらあっという間に一周してしまいました。まだお昼過ぎ。
さすが、相模湾、いかにも海らしい風と海。そして、神奈川支部らしく、しっかりセーリング。

港に帰るにはまだ早すぎるので、今度は剣崎に向けて帆を進める。おにぎりやカニかまぼこなどで昼食を取りながら、ヘルムを交代しながら東京湾へ。

そのようにクオータリー進む。そして、剣崎が近くなってきたところで、一同全員、「ワッ」という声を上げて、突然、潮を浴びる。湾口にさしかかったせいか悪い波をかぶったらしい。
ここで、反転。マリーナへ。

再び、ティラーを握り、タックして、スターボードで登り。良い感じにヒールしている。
ヒール角を維持。だけど、ウェザーが強い。飲んだ後のせいもあって、腕が疲れる。腰が痛い。それでも、ジブを詰めて、アウトホールを引いて、メインをやや入れてなど、声が飛ぶ。セーリングモード全開。

その後、ティラーを金輪さんやヘルムを変わりながらフイッシャーリーナに寄港。
ここは水置きなので、しばし歓談した後、3時半、撤収。

タクシーを呼んで、三浦海岸駅に出て、一時間ばかり宴会。地元で取れた魚と新鮮な三浦キャベツをいただいて、5時解散となりました。
皆さん、お疲れ様でした。しっかりセーリングも楽しめ、良い一日でした。

東京湾では天候に恵まれても風がないことが多く、個人的にはこのようにしっかりセーリングしたというのは大変久々でした。昨年の9月に今は懐かしい人となってしまった日高さんとYCCでのセーリング大会に参加して以来だったと思います。
今でも日高さんの声が耳元で聞こえてくるようです。

2014年ももう直ぐ終わり。残り僅かの活動となりますが、海を、風を、セーリングを楽しみましょう。

半年後は、東海マリーナでの全日本です。年明けからは練習を本格化させるティームも多いのでは。
では、又海でお会いしましょう。