定期練習2002年5月12日(日曜日)

文 米沢稔

参加者 岡野夫妻、望月さん、山田さん、藤王さん、寺田さん、米沢
天候  曇り 南西の風 1?3メートル毎秒
使用艇 セラビ
練習内容 10:00 富士マリーナ集合、出廷準備
     10:30?12:15 セーリング練習
     12:15?13:00 海上にただよいながら昼食
     13:00?15:15 セーリング練習
     15:45 あとかたずけの後、解散

浜名湖にある航路標識を上マーク、そして樽型ブイを下マークとしてソーセージコースでのマークへのアプローチ、回航、タック、ジャイブ練習した。スキッパー望月さん(途中で山田さん)、メイン岡野さん、ジブ岡野さん(奥様)、サイテッドスキッパーは米沢、藤王さん、寺田さんが交代で担当。
午前中は微風でかつ風向も安定しなかったこともあり、風がつかみにくかったが、昼前ぐらいから風が3メートル毎秒ぐらいまで上がってきたのでまずまずの練習ができた。クローズからのタックはコンディションがいいこともありうまくできたが、下マークへのアプローチ”観音開き”では、時々ジブがつぶれてしまい、安定して風をいれ続けるのはなかなか難しかった。今後の課題です。特にトラブル等もなく、ハーバーにもどり 全員であとかたずけをして練習終了。