2022年 全日本ブラインドセーリング選手権(第15回)

概要

24年前の1998年に、第1回目の大会を開催してから、今回で15回目となる本大会は、視覚障がい者(ブラインド)と晴眼者(サイテッド)が、それぞれ2名ずつ、4名で一つのチームをつくり、セーリング技術を競う、パラセーリングのヨットレースです。

開催日と場所

2022年10月22日〜23日に、愛知県の三河みとマリーナで開催予定です。今回も、JSAF(日本セーリング連盟)公認のヨットレースとなる予定です。

共生社会を実現しよう

毎回、多くのご支援を企業や団体、個人の皆さまから頂き、大会の実施を実現して参りました。

障がいや病気があっても、高齢になっても、皆が助け合う素晴らしい日本になるための、共生社会実現プロジェクトの一環である本大会の実現に、是非ご支援をお願い致します。

お問い合わせ メール LINE

レース公示・帆走指示書など

準備中

レースに参加するには

原則として、NPO法人日本視覚障害者セーリング協会(JBSA)の正会員であり、かつ、公益財団法人日本セーリング連盟(JSAF)の会員である必要があります。ブラインドとして参加する場合は、障害者手帳を取得されている必要があります。
ご関心のあるかたは、お気軽にお問合せください。ブラインドもサイテッドも大歓迎です。

JBSA入会のご案内に、本会の詳細なご案内がありますのでご参照ください。また、JSAFへの個人加盟は、本会経由でもお手続きが可能です。

お問い合わせ メール LINE