2020年10月 湘南レース

神奈川支部の活動報告をお送りします。

【活動日】2020年10月4日 日曜日

【概要】シーボニアマリーナ/ルミナス/湘南レース/曇・風0~2m/s

【参加者:役割】6名

秋山さん:スキッパー、ヘルムス

安西さん:セールトリム指示、微調整、スピン

大賀さん:バウマン、艇長

竹内さん:メインシート

副田さん:ヒールコントロール

猿渡  :ジブシート

【内容】

8:30頃 集合、ルミナスに移動。今回、レース初体験が2名の記念すべき活動とのことで秋山さんによるルール説明、権利艇三原則などのレクチャー、役割決め。

9:15 出港、赤白ブイ、亀城礁、定置網を横目に秋谷沖到着10:15。風1m/s前後。

第一レースの目標ブイは北西、江の島方向。

10:50 風待ちで10分遅れのNクラススタート。微風の中まずまずの滑り出しも、上りなかばでほぼ無風に。潮に流されながら風を求めてようやく折り返し。しかしスピンもなかなかふくらまず、終始我慢のセーリング。

第二レースは西方向。

13:40 相変わらず風乏しいが好スタート。途中どんな駆け引きがあったのか初心者にはわかりませんでしたが、まずまずの順位でフィニッシュ。

14:25 帰路に。帆走ではスピードでず、ほとんどを機帆走。

16:00 ルミナス上架。清算、後片付け。

16:50 終了。お疲れ様でした。

今回、初レースということでたいへん勉強になりました。これからも経験を積んでいきたいと思います。ベテランの皆様、ご指導よろしくお願いします。

以上
猿渡

前の記事

2020年10月 東京支部活動報告

次の記事

2020年10月 東海支部活動報告